ワーキングプアの現状

高学歴ワーキングプア

生活保護やワーキングプアが社会問題となっていて
いつまでも非正規雇用から抜け出せず不安な生活を送っている人が増えています。
ワーキングプアになってしまった人は、生活費がギリギリになり
借金生活に陥ってしまう人も少なくありません。
インターネットで簡単に申し込めたり、コンビニなどのATMで気軽にキャッシング
が出来るようになり安易にお金を借りる事が出来るようになりましたが
返済方法などを良く考えて
どんな状況であっても衝動的に借りない! 事が大切です。
クレジットカードや消費者金融、クレジットカードローン、銀行など
借入先の選択肢もありますし、各社サービスも違います。
金利や返済方法など複合的に自分にあった物を選ばなけれな
利息の返済に追われる事になってしまいます。


お金の画像


親の収入で子供の学歴が左右されるとか
各社社会は連鎖するなどと言われる事もありますが
高学歴ワーキングプアも増えてきているのだとか。
修士号や博士号を所持しているものの
定職に就けづにアルバイトで日々の生計を立てている人や
弁護士や医師などの国家資格を取得した人が
開業後に仕事がない状態が続いている人達の事をさすようです。
一概には言えませんが、中には高学歴のプライドが邪魔をして
就きたい仕事を求めすぎている場合もあるようです。
一方企業の方でも、高学歴は扱いにくいと判断される事もあります。
就職先が見つからないと言う理由で大学院へ進んだ人にとっては
苦い結果になっています。
企業は学力を重視するよりも
協調性や柔軟性、発想性などのある人材を求めているという事かもしれません。




(C)2013 ワーキングプアの現状 All rights reserved.